プレスリリース

双見通信工業株式会社
溶融亜鉛めっき及び金物加工工場の竣工式典を挙行

2017年5月22日

双見通信工業株式会社(千葉県松戸市、社長 中井文雄)が、ミャンマー連邦共和国(以下、ミャンマー)に合弁で設立した現地法人フタミメガエンジニアリング株式会社(FUTAMI MEGA ENGINEERING CO., LTD.)の、ミャンマーで初となる民間の溶融亜鉛めっき及び金物加工工場が竣工し、2017年5月20日(土)に記念式典が執り行われました。ミャンマーの政府関係者、政府系法人はじめ、日緬の業界関係者など150名の方々にご臨席頂き、式典の様子は、翌日のテレビニュースでも大きく取り上げられ、日緬間企業提携・協力の明るい話題となりました。同日夜に船上で開催された竣工披露パーティにも、大勢のお客様にご出席頂き、お祝いや励ましのお言葉を多数頂戴いたしました。

今後は、現地はもとより、日本をはじめとする各国からミャンマーへ進出した製造業をサポートすると共に、工業化が進むミャンマーにおけるインフラ設備の品質ならびに 製造業の技術の向上に貢献してまいります。

竣工式典 竣工式典

ミャンマー国会下院議員
輸送通信建設委員会委員長
H.E. U Tin Maung Winにお祝辞を頂きました。

竣工式典

テレビ放映の様子はYouTubeでご覧頂けます。
htpps://youtube/IOX_7xbe754

工場概要

名称 フタミ メガ エンジニアリング株式会社
住所

Plot No. 94, Setmu Road, Steel Industry Zone, Myaungdagar,
Hmawbi Township, Yangon, Myanmar

資本金 200,000 ドル (50%:50%)
パートナー

スーパー メガ エンジニアリング株式会社

敷地面積 1.358エーカー(約5,496㎡)
床面積 A棟(プレス工場)1,080㎡(15X72m)
B棟(めっき工場)900㎡(15X60m)
屋根付きエリア600㎡(10X60m)